結婚式におけるマナー:出欠の返事から二次会まで6つのステップ

伝統的な結婚式は神前式です。神社で行われる式に家族が参列する場合もありますが、披露宴と呼ばれる式はホテルで行われ、親しい家族や友人たちを前に、神主が式を執り行います。

教会での結婚式によく似たホワイトウェディングも人気がありますが、どういった結婚式に出席しようとも基本的なマナーは変わりません。

出欠の返事をする

結婚のお祝いや当日の装いを考える前に、まずやるべきことは出欠の返事です。結婚式の招待状には返信用のはがきが同封されています。出席するしないにかかわらず返事を記入して返信するようにしましょう。

返事を書く際には、理由は明らかですが「切る」「分かれる」「壊れる」といった言葉は使わないよう気を付けてください。縁起が悪いという理由から、そういった言葉は避けるのが一般的です。

お祝いを用意する

結婚式のマナーでは、結婚式に出席しない場合でも贈り物やご祝儀を特別な方法で送る必要があります。

結婚式に出席する場合のご祝儀は最低3万円が相場ですが、出席しない場合はこれより少ない金額でも構いません。一方、出席するのが会社の部下の結婚式の場合は、上司や管理職のご祝儀の相場は5万円ほどです。

ご祝儀は結婚式用にデザインされた祝儀袋に入れましょう。

当日の服装について

次に、当日の服装について見ていきましょう。着付けの基本を知っている場合は着物を選ぶのもいいでしょう。また、白は花嫁の色とされるため、白を選ぶのは避けましょう。ブラックや他の色が望ましいとされています。女性は通常控えめなヒールを履き、つま先や膝、肩が出ないように気を付けます。男性はダークカラーのスーツやシューズ、ネクタイを着用します。

同伴者について 

結婚式の正式な招待状にパートナーを同伴してもよいと記載されている場合は、必ず自分の付き合いの中で顔が知られている正式なパートナーと一緒に出席するようにしましょう。この場合、パートナーも同じ額のご祝儀を贈る必要があります。

ですが、ほとんどの場合は招待するのは1人のみです。花嫁または花婿はあなたのことのみを知っており、ゲストを増やすことは彼らにとって経済的負担になるからです。

披露宴

披露宴は、出席者が受付で記帳した後、時間通りに始まり、厳格なスケジュールに沿って行われます。結婚式の流れはほぼ同じで、友人のスピーチから始まり、新郎新婦によるスピーチ、指輪交換、誓いの言葉、ケーキカットと続き、乾杯で幕を閉じます。

二次会

結婚式では、親しい友人たちを招いてよりカジュアルな二次会を行うことが一般的です。二次会に招待されたら余分に1万円以上は用意したほうがいいでしょう。